スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本

 本日は技術士試験の筆記合格者発表日である。
 論文の添削をした方々が、一人でも多く次のステップ(口頭試験)に進めていることを願っている。

 さて、林望氏(リンボウ先生のほうが通りが良いか)の著書、「節約の王道」を読んだ。
 リンボウ先生の著書はハズレがない。今回も面白く読めた。

 リンボウ先生の文章の特徴を敢えて2点挙げると、以下の点であると思っている。
 ひとつは文章がうまいこと。語彙は豊富なのだが、決して小難しい使い方をしていない。また、意図的に「ですます調」と「である調」を混在した文章で、読者の意識を引き付けている。自分などがマネをしたら、「『ですます』と『である』が混在してまっせ」と指摘を受けるのが関の山であろう。「日本語へそまがり講義」、「日本語の磨きかた」という2冊の著書もあり、これらは木下是雄氏の「理科系の作文技術」、野口悠紀雄氏の『「超」文章法』に次ぐ、文章作成に関する名著だと思っている。
 ふたつめは、自分の主張を大変明確に書いていることである。「節約の王道」の中では例えば、スーパーの特売チラシに翻弄されたり、惣菜を買うのは愚かしい行為だと断言している。リンボウ先生は60歳で、奥様と二人暮し、かつ超低脂肪の食事をされているのでできるのであろうが、育ち盛りの子供がいたり、共働きで多忙な家庭等ではなかなか実行は難しいであろう。しかしズバリ自分の意見を言い切っているのは一種の爽快感がある。この本に書かれている主張の中で最も共感したのは、教育は人生最大の投資であり、子供には(小遣いを与えるということでは決してなく)できる限りのお金の投資と愛情を与えよ、というくだりである。

 自分は仕事柄自宅にいる時間が長いので、世間のお父さん達と比べると子供と接している時間はかなり多いほうであろう。そもそも会社を辞めて自営を始めた理由のひとつは、子供の成長をじっくり見たいと思ったことである。
 貧乏なのでなかなか投資できるお金は少ないが、話をしたり一緒に遊ぶ時間だけはできる限り作っているつもりである。まあ、土曜日の朝に子供と一緒にTVアニメ「ケロロ軍曹」を見て大笑いしている幼稚な親父は数少ないであろう(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。