スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでに神戸市議会議員補欠選挙の話

 昨日は市長選について書いたが、本日は同時に投票される市議の補選について書きたい。ちなみにこちらは市長選に輪をかけて盛り上がっていない。

 新聞の地方面にも記事はなく、あるのは公報くらいである。

 技術士の受験支援の際にもよく言うのだが、「評価してくれる人が求めていること」を主張しないと意味がない。そういう意味では市議選であれば、神戸市に特化した訴えが必要である。そういう視点で4候補の公報を批評する。
 いずれの候補も基本的には、経済・福祉・教育・環境あたりについて訴えている。
 以下、公報の順番で書いていく。

・T候補
 経済・福祉・環境について書いている。経済と環境は比較的「神戸市ならでは」の視点で訴えているが、福祉が一般論で終わっている。

・A候補
 この間の衆院選に出馬して落選していた。国政でも地方でも何でもええんか、とまずは政治に対する姿勢を疑ってしまう。教育・福祉・経済について訴えていて、いろいろ無料化しますと書いているが、財源はどうするのか。現実味がないことを列挙されても意味がない。もっと論点を絞ってくれ。

・K候補
 安全・安心、明るく元気に暮らせるまちづくりを訴えているが、全く「神戸市ならでは」の視点が見られない。他の自治体の公報にこのまま掲載しても通用する「金太郎飴」である。説得力全くなし。

・Y候補
 前回の市議選で次点だった。再チャレンジである。4人のうちY候補だけが手書きの公報である。戦略なのか時間がなかったのかは定かではない。自分の言葉でPRしているところは評価できる。論点もかなりピンポイントで、市議の役割を心得ている感はある。ただし財源をどうするのか不明確である。
 
 ということで、自分の中ではA候補とK候補はパス。T候補とY候補どちらにしようかというところである。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。