スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問いに対して漏れなく答える(技術士論文):その1

なんか忙しいですね(笑)。
試合が近いのに柔術の練習に行けていません。マズイです。

それはさておき、タイトルの件です。
添削をしていると、問われていること全てに答えていない論文を結構見かけます。
最近の技術士試験の設問は、要求事項(つまり出題者がこれについて書きなさい、と言っていること)が非常に多くなっています。出題者が聞いていることに答えていない論文は、どれだけハイレベルでも合格圏には到達しません。

それではどうすれば問いに対して漏れなく答えることが出来るか。
「設問をよく読んで、設問に沿って章立てを考える」のが基本中の基本です。

とりあえず1枚論文の設問を題材にしてみましょうか。1枚論文の設問でキチンと章立てが出来ないようでは、2枚・3枚論文でしっかりした章立てをするのは無理ですからね。
平成26年度の河川砂防の設問です。

河道閉塞(天然ダムの形成)、火山噴火による降灰、地すべりの活動のいずれか1つを選び、これに起因する更なる被害を防止・軽減するためのソフト、ハードそれぞれの対策について述べよ。

・・・ちょっと長くなったので、具体的な内容は次回にします(笑)。
それまでに各位にて、この設問を600字でまとめるための章立て(と骨子)を考えてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。