スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H24技術士筆記試験(建設専門:砂防)

 今日は建設部門の専門問題を入手したので、「砂防」の設問についてコメントしたい(Aさん、問題文のご提供ありがとうございました!)。

1問目(深層崩壊)
 大規模土砂移動現象による災害に関して、以下の問いに答えよ。
(1)これまでの土砂災害の発生事例を踏まえ、深層崩壊の特徴について他の土砂移動現象と対比し述べよ。
(2)深層崩壊等の大規模土砂移動現象によって、河道閉塞(天然ダム)が発生した場合の、緊急的な対策の考え方について論ぜよ。


2問目(警戒避難)
 土砂災害に対する警戒避難体制について、以下の問いに答えよ。
(1)現在、我が国の各都道府県で運用している「土砂災害警戒情報」の概要について述べよ。
(2)土砂災害に対する警戒避難の課題について説明するとともに、その解決のための手法について論ぜよ。


 まず、総論として、建設一般同様にオーソドックスな設問と感じる。ただしそれは、調査計画系の業務に従事している方にとってであり、設計や施工が専門の方にとってはちょっと厳しい設問だった感がある。設計・施工屋さんに技術士は不要、と考えているのかと嫌味のひとつでも言いたくなるところである。



 まず1問目。深層崩壊については、2年くらい前から「出る出る」と繰り返し言っていたが、ようやく出た(笑)。
 (1)で基本的な知識を問うて、(2)でやや応用的なことを問うパターンである。

 (1)については、昨年1月にあった砂防学会のシンポジウム資料「深層崩壊を考える」を読んでいれば、パーフェクトに答えられたはず。著作権の問題があるので、その資料をここでオープンにはできないが、深層崩壊の発生事例としては、平成17年の耳川や昨年の十津川災害がある。また他の土砂災害と比較した場合の大きな特徴は、地質構造(層理、褶曲、断層など)が大きく影響することを述べるのは不可欠である。あとはどれくらいの土砂量なのかというあたりを定量的に記述しておけば十分でしょう。
 (2)については、被害範囲の特定(レーザープロファイラによる地形計測など)、住民に対する警戒避難体制の構築、排水(無人化施工含む)、その後の土砂処理とできれば恒久対策について記述しておけば、60点は確実にとれるはず。



 次に2問目。これも(1)で基本的な知識を問うて、(2)でやや応用的なことを問うパターンである。
 (1)については気象庁と都道府県の砂防部局が共同で出す情報であること、その手法は土壌雨量指数と60分間雨量と過去の土砂災害履歴からなること、5kmメッシュのエリアで出されること、あたりを網羅していれば十分なはず。
 (2)については色々と切り口はありそうだが、解決策を現実的(机上の空論と思われない)にすることを考えると、情報伝達の方法とか、いわゆるゲリラ豪雨対応等が書きやすそうである。前者であれば解りやすい表現(最近、使われだした「過去に経験したことのない大雨」というような表現)とか、TwitterのようなSNSによる情報伝達(普段使っている携帯電話で情報が得られる)などが解決手法として書けそうである。ゲリラ豪雨対応については、XバンドMPレーダーの精度向上が「定番」の答えとして書ける。
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。