スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H24技術士筆記試験(建設一般)

 一昨日・昨日と技術士筆記試験が実施された。

 受験された皆さん、本当にお疲れさまでした!

 さて、建設部門の建設一般の設問を入手したので、簡単にコメントしたい。

 II-1(防災減災)
 東日本大震災を契機として、あらためて防災・減災対策のあり方が議論されている。建設部門に携わる技術者と して、我が国の防災・減災に向けた社会基盤の整備における課題を3つ挙げ、その内容を説明せよ。また、それ らの課題に対し、防災・減災に向けた今後の社会基盤の整備を具体的にどのように進めていくべきか、あなたの 意見を述べよ。

 II-2(地球環境)
 地球環境問題への対応として、(1)低炭素社会の実現、(2)自然共生社会の実現・生物多様性の保全、  (3)循環型社会の形成が求められている。我が国の最近の社会情勢の変化も踏まえ、地球環境問題に対し、建設分野として取り組むべき課題を上記3つの視点からそれぞれ挙げ、その内容を説明せよ。また、前記のそれぞれの課題に対して、解決に向けたあなたの意見を述べよ。


 まず総論として、2題ともオーソドックスというか、試験準備をそれなりにされた方であれば、論文を書き上げるのに苦労しなかったのではないでしょうか?


 II-1(防災減災)について。
 まず、「東日本大震災を契機として」とあるので、序文で3.11震災により防災減災のあり方がどのようになったのか、という点に触れておきたい。例えば「防災減災対策に、想定外はあり得ない」等の観点である。

 次に、「『建設部門に携わる技術者』として、我が国の防災・減災に向けた『社会基盤の整備における課題』を3つ挙げとある。ここはまず、建設部門から離れた内容を書いていては大きなマイナスである。
 それから、冒頭の文章には「東日本大震災」とあるが、我が国で懸念されているのは地震だけではない。豪雨に伴う洪水・土砂災害、火山災害等、幅広い災害形態を念頭に置いて記述すべきである。ここで冒頭の文章にこだわり過ぎて「地震対策オンリー」の論文になると、ちょっとA判定は厳しいと考える。
 で、3つの課題だが、
 ・想定外はあり得ない→ソフトとハード双方による対策
 ・老朽化した防災施設の維持管理→アセットマネジメント
 ・過疎化、高齢化による災害時要援護者の増加→集約型都市構造への転換
あたりが思いつく。ただし「具体的に」という設問なので、「アセットマネジメント(AM)を取り入れる」程度の書き方だと厳しい。AMとして具体的にどのようなことを行うのか、まで記述しないと他の受験生と差を付けるのは難しいと考える。



 II-2(地球環境)について。
 これは昨年11月に国土交通省が提示した「持続可能で活力ある国土・地域づくりについて」のうち、地球環境の部分に特化した感がある設問だ。
 こちらは3つの「お題」が明示されているので、「社会情勢の変化を踏まえ」た上で、これら3つがなぜ大切なのか、課題は何かを建設分野の視点で記述して、それに対応する解決策を書けばよい。
 例えば低炭素なら、温暖化の原因であり気候変動に伴う災害の激化みたいなことを述べた上で、建設分野では運輸関連のCO2排出の約9割が自動車であるから、その対策が必要、という流れで環状道路整備・踏切の改善(立体交差道路の整備)のような方策を述べればよい。


 多分、II-1を選択された方が多いと思うが、「お題」が明示されているII-2のほうがA判定を取りやすかったのではないかと感じた。
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。