スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術士筆記試験(砂防の設問)

 今日は建設部門「河川、砂防及び海岸・海洋」科目のうち、砂防の2題についてコメントする。

 I-7 火山噴火による降灰の堆積後の降水を発生原因とする土石流に関し、
   その現象の特性を明らかにしつつ、土石流に対して講ずべき対策に
   ついて、ハード・ソフト両面から述べるとともに、被害の生じるおそ
   れのある区域及び時期の想定に関する調査についての考え方、手法
   及び調査実施上の留意点について述べよ。

 I-8 地震により発生する土砂災害の形態とその特徴を述べるとともに、
   災害後の安全を図るための対策の考え方について述べよ。



 いずれも設問も、調査計画系のコンサルに有利という感じだ。


 まずは「降灰後の土石流」について。
 内容の前に、問題文は何とかならんかったんか?ダラダラ長ったらしい。3つに
区切れよ(笑)。

 これは雲仙普賢岳での土石流をイメージすれば、そんなに難しい設問ではない。
 まず、現象の特性については、堆積物の表層がモルタル状になって透水性が悪
くなり、地中に雨水が浸透しにくくなる。で雨水は表層を流れて堆積物を削りな
がら流下して土石流になるというメカニズムの説明が必要だ。それと通常の土石流
と比較して少量の降雨でも土石流が発生する、火山から土石流源の火山灰が供給
されるので発生回数も多くなる、というあたりも書いて次の対策への布石にしたい。

 次に対策について。ハードは何度も発生するという点から、除石を前提とした
堰堤整備がメインだろう。生産源対策は無理。あ、あと粒径が小さいので導流堤で
流下方向の制御というものありだ。ソフトは警戒避難基準雨量の設定や、頻繁に起
こるから非接触式の発生監視センサー設置あたりがネタになる。

 最後の調査の話は今一つ焦点が絞り切れないが、区域想定はレーザープロファイラ
で微地形を把握してリアルタイムシミュレーションというのがキーワードとして考え
られる。調査実施上の留意点って、活動中の火山なんで安全管理とか無人化のことか?

 これくらい書いていたら、少なくとも60点は取れるはずだ。


 次に「地震による土砂災害」について。
 東日本大震災を意識した設問という感じだね。
 土砂災害の形態は、山体崩壊による岩屑なだれ、深層崩壊とそれに伴う天然ダムの形成と
決壊(→土石流)、埋設谷の流動化あたりがあれば十分だろう。
 あとは形態ごとに災害後の安全確保について書けばよい。岩屑なだれなら堆積物の
二次移動対策や生産源対策としての斜面対策、深層崩壊・天然ダムは主としてダム決壊の
防止、埋設谷は何でしょう?地下インフラ(ガス管)破壊による二次災害防止じゃ、砂防
にならないか?何にしても、本震後の大きな余震に留意みたいなことを書いておくと、
更に良いだろう。

 こちらもこれくらい書いていれば、60点はクリアできるはず。


 
スポンサーサイト

テーマ : 仕事と資格
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。