スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強化合宿(その1)

 昨日、今日と家族で日本海へ行ってきた。

 目的は以下の2点だ。

 ・2週間後に柔術の試合があるので、海でトレーニングする。
 ・ジオパークに認定されている山陰海岸を視察する。

 1つ目はプライベート、2つ目は仕事だ。ジオパークについては、
昨年度の技術士試験(応用理学部門)で出題されていたからね。それ
を自分の目で見るのと、観光立国の視点で観光地を分析するのも仕事
のうち。
 ということで、交通費(車)と自分の宿泊費用は仕事の経費にするのだ。

 まずは、1点目について日記代わりに色々書いておこう。
 仕事系の話は、気が向いたら第2弾で書こうと思う。

 
 昔、プロレスラーは大試合の前には必ず「海で合宿」をしたものだ。
 古くはモハメド・アリとの異種格闘技戦を控えた猪木のパラオ合宿、
また長州力のサイパン好きも有名である。

 21日に柔術の試合を控え、出場する子供ともども海合宿に臨んだわけだ。
 ま、猪木や長州は海外なんだが、自分は小物なんで日本海で「分相応」
にしておいた(笑)。

 しかし海に行くと、「いやー、海は良いなー」と、つい若大将のごとく
言ってしまうな。「海と山どちらが好きか?」と聞かれたら、即座に海と
答える。特に澄んだ水で、しかし何となく物悲しい雰囲気がそこはかとなく
漂う日本海が良い。亡父とも良く海釣りに行ったものである。

 おっと話が横道にずれた。
 肝心のトレーニングである。
 まず海岸線をランニングしようと思った、んだが砂浜が熱い!裸足に
なったら「アヂッ!」となって走るどころではない。波打ち際は結構
大きな石があって、これまた走ると足の裏が痛い。ということでランニ
ングは止めた(笑)。
 次にスクワット。波打ち際でスクワットして、足腰を鍛錬するのだ。
何度かスクワットしているうちに、少し大きな波が来ると簡単に足元を
掬われる。これは単に波の力だけでなく、波が引くときに足元の砂も
一緒に持っていくのだ。つまりマットの上に立っていて、そのマットを
引っ張られるのと同じ感じである。この「砂ごと持っていかれる」メカ
ニズムに気がつき、その時点で「エエことを体感した」と満足してスク
ワットも終了。
 ここまでほとんど練習になっていない。
 最後は心肺能力の向上だ。試合では持久力も必要やからね。
 まず大きな浮き輪を膨らませた。「うむ、コレは結構いける!」と思
っていたら昼メシを喰った海の家のオッチャンが親切に空気入れを貸
してくれた。「いや、これはトレーニング・・・」と言いかけたが
オッチャンの親切を断るのは失礼なので、ありがたくお借りした。これも
中途半端だ。しかーし、海に潜ってみると魚(おそらくアジ)がたくさん
いた。マイクタイソンが鳩を素手で捕まえたように、魚を捕まえようと
何度も潜りに挑戦した。しかし海中で素手の人間に捕まるマヌケな魚が
いる訳もなく、失敗に終わった。ただ、何度もトライしたのでほんの少し
心肺能力は向上されたことにしておこう。

 おお、もうひとつ忘れていた。
 浮き輪の上でバランスを取る練習もした。バランスボールみたいに
難しくはないが、バランスを崩すと結構簡単に浮き輪の上から滑り落ちる。
で、滑り落ちたらその体勢から浮き輪の穴に足を通して三角締めの練習を
していたんだが、「あのオッサン、浮き輪に足で絡みついてバカじゃね?」
と思っていた人が何人かいたであろう。

 万が一、今度の試合で三角締めが決まったら、今回の合宿の成果ということ
にしよう。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。