スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国高速鉄道事故

 いやー、ようやくブログ記事を書く余裕ができた。

 なんせ7月は仕事しましたわ。と言いながら、柔術の練習は
キッチリ行っていましたがね。タイムマネジメントですな(笑)。

 この間、書きたいネタは山積していたが、やはり「中国が
独自に開発」された高速鉄道の事故のことを書かざるを得ない。

 事故に関する見解は、ブログを相互リンクしている詐欺士さん
が、自分と同様の意見をここでほぼ語りつくされているので、
もう書くことはない。

 今後のことを言いたい。
 事故車両の技術提供をした川崎重工業は、「要請があれば
協力したい」みたいなことを言っているが止めたほうがよいだろう。
 先方に技術者を派遣しようもんなら、「てめーらのせいで
事故が起きたアル」とか言って公安あたりに連行されて、
人質にされて賠償請求をされる恐れがある。

 もともと制御系のシステムなども一括で、という売込みが
パーツでの販売になったんだ。それは先方の都合であり、
例えは小さいがサーバーとか含めた社内イントラを納入する
つもりが、端末PCの一部を納入したに過ぎない。
 それで「協力」なんて、小日本が中国様に対して失礼だよな。

 ま、しかしTVで見る限りでは、記者が役人に対して抗議みたい
なことを言っていたのは多少の「進歩」であろうか。

 日本の管政権、中国の共産党独裁、北朝鮮の金王朝の3つは
1秒でも早く解体してくれ。
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。