スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梶原一騎先生

 なにやら全国で伊達直人さんが、児童施設に寄付をしているようだ。

 先ほどのニュースでは、矢吹丈さんも出てきたようだ。

 いずれも共通するのは、漫画の原作者が梶原一騎先生であることやね。
 梶原先生の破天荒な人生は、「梶原一騎伝」に詳しいが、自分は子供
の頃タイガーマスクや空手バカ一代など、梶原先生原作の漫画を読んだり
TVで観たりして育った。
 「人生で必要なことは全て梶原先生の作品から学んだ」と言うと言い
過ぎか(笑)。

 いや、しかしね本当に梶原先生の作品は、人格形成に影響を与えているよ。
 例えばタイガーマスク。
 単なるプロレス漫画じゃないんだよね。

 タイガーは正統派レスラーに目覚めたのに、日本プロレスのワールドリーグ
戦を欠場して、虎の穴主催の反則御免の「ふくめんワールドリーグ戦」に出場
した。
 ファンはもちろん、レスラー仲間も賞金に目が眩んだかと見捨てる。ちなみに
賞金は10万ドル(当時のレートで3,600万円)。
 タイガーは目が見えない少女の手術費用を得るために「ふくめん・・・」に
出場したのであるが、そのことは誰にも言わない。
 当然、客はカネに目が眩んだと思いタイガーに罵声を浴びせるが、タイガー
は戦い続ける。

 で、リーグ戦も終盤になって謎の巨人覆面レスラー「グレートゼブラ」がタイ
ガーとタッグを組まないかと持ちかける。タイガーは断るが、虎の穴のミスター
Xは、決勝戦をタイガー&ゼブラVSライオンマン&エジプトミイラのタッグ
マッチにした。
 タイガーは最初はゼブラを信用せず一人で戦っていたが、ゼブラが味方である
ことを悟り、無事勝利して賞金を得た。

 実はゼブラの正体は、日本プロレスの先輩であるジャイアント馬場であった。
 馬場曰く、金欲しさだけでそこまで地獄の戦いをできるものではない。ちょっ
と調べたらキミが盲目の少女の手術費用を手に入れるために「ふくめん・・・」
に出場した事がわかったのだよ・・・。

 ・・・ううっ、どーですか!このタイガーの優しさとジャイアント馬場の
義侠心!偽善的な道徳の本よりよほど心に響きますぜ。

 首相の直人(チョクト)氏は、全国の直人(なおと)さんの爪の垢でも煎じて
飲んではいかがであろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

梶原一騎

今の時代に合うか合わないかは置いておいて、
日本一素晴らしい劇画作家(原作者)だと思います。
その後の荒れた生活を差っ引いても凄い人です。どれだけの人に影響を与えたか。
これだけ、重厚な物語を書ける人はもう現れないでしょう。
「巨人の星」もそうですね。

タイガーマスクのこのお話は、映画放映された気がします。僕はテレビで観た記憶があります。
こういった善行が出てくるのは、今の世の中はまだまだ捨てたものではないです。
ただ、匿名での善行ですので、メディアではあまり取り上げて欲しくないです。
マスコミが持ち上げると、ブームになってしまうような気がしますので。

先生様達はタイガーマスク達の行為をどう思っているのでしょうか?
国の舵取りを危惧しての善行ですから。
子ども手当より優先しなければならないことがあります。分かって欲しいです。
プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。