スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤波VS長州

 今日、約14年ぶりになる藤波VS長州の一騎打ちがあったようだ。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110110-00000024-spnavi-fight
 結果はさておき、両者の試合を子供の頃から観ている者としては、
プロの興行としてこれだけ話題を集める両選手には敬意を表したい。

 藤波選手は日本のプロレス界でジュニアヘビーのカテゴリーを
切り開いたパイオニアであろう。
 自分が中学生の頃、WWWFのジュニアヘビー王者になった藤波選手は
見事な肉体美であった。また技もフルネルソンからスープレックスを
決めるドラゴンスープレックスとか、場外の相手にロープの間から飛
び込んでアタックするドラゴンロケット、さらにはロープに振らず
相対した相手に垂直に飛び上がって放つドロップキックなど、初代
タイガーマスク以前に「ジュニアヘビーのカテゴリー」を築いたレスラー
であることは間違いないであろう。
 その後、腰を痛めてドラゴンスクリューとかドラゴンスリーパー
などの決め技に移行したが、やはりインパクトの大きさは初期の
ドラゴン藤波である。

 一方の長州選手は、アマレスでオリンピック出場したアスリートだ。
 デビュー時は吉田光雄というリングネームだったが、視聴者募集で
長州力というリングネームになった。
 まあガチンコでは強かったんだろうが(いや、今も強いか)、フィ
ニッシュホールドがさそり固めという、逆エビ固めの変形技で、正直
言って藤波選手の派手さには劣っていた。

 で、誰がどうプロデュースしたか知らないが、長州が藤波に対して
「噛ませ犬発言」したところから両者の「名勝負数え歌」が始まった
わけだ。

 その後、新日のウリになった両者の対戦であるが、今でも後楽園
ホールを満員にできる集客力は素晴しい。
 二人とも(特に長州は)、身体の張りもあるし、中高年の星として
活躍して欲しい。

 あ~、久しぶりにプロレス観に行きたくなった。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。