スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災のソフト対策にはコストがかからない??

 今日は真面目に仕事の話。

 論文を添削していたり、役所のHP等を見ていると、
 「財政難でコストが限られているので、施設によるハード対策
ではなく、施設によらないソフト対策に重点を置く」という記述が
ある。

 土砂災害のソフト対策に長年携わっている身としては、「カネが
ないからソフト対策??何寝言いっているんだよ。ソフト対策には
カネも時間もかかるんだよ!」と悪態のひとつもつきたくなる。

 具体例を述べよう。
 例えばソフト対策のひとつとして、雨量観測を正確かつ高密度に
実施するというのがある。雨量観測所を1箇所整備するには、データ
を無線で送るか有線で送るかとか、どんな場所に設置するかで費用は
異なるが、まあ数百万円のオーダーでは無理である。レーダー雨量観
測なんて言ったら、額は1~2桁は違うだろう。それから単に観測す
るだけじゃなくて、各観測所のデータをとりまとめる「親局」も
必要不可欠である。こいつはまあ、億単位の費用が必要だろう。で、
これらは設置した後メンテナンスが不可欠で、これにもカネはかかる。

 次に避難体制の構築だ。いわゆるハザードマップをつくって配布し
たらおしまい、なんて考えは大きな間違いである。
 そのマップをどう読むのか、どう活用するのかが重要なのである。
 それには学習会を開催したり、勉強をしたりと多大な時間と手間が
かかるのである。こういう時間は人件費と考えれば、コストがかかる
のは自明である。

 なぜソフト対策が必要なのか、一言で言うと「防災から減災へ」
考えがシフトしているからである。

 以下のHPは非常に良くできているので紹介したい。
 http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=74fall&ac3=3005&Page=hpd_view



*元プロレスラーの山本小鉄氏が急逝したという情報が入ってきた。
 詳細が分かったら、またブログに書きたいと思う。
  
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。