スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術士試験にまつわる「都市伝説」

 今日の「たかじん」は都市伝説特集であった。

 ということで、今日は技術士試験に関する「都市伝説」を紹介したい。

 その1「公務員OB枠がある」
  これは20年ほど前の都市伝説である。
  建設部門には公務員OB枠があり、OBさんが技術士資格を「お土産」
 に民間会社に「天下り」されるというものだ。OB枠が余っているとき
 には民間の受験者から合格者を追加するということで、純民間で技術士を
 持っていると「ほーっ」と感心されたものだ。

  これについては、昔の公務員は直営で積算から設計・施工管理まで
 されていたため、圧倒的に技術力が公務員>民間だった、というだけの
 ことであろう。

  最近は若い公務員の方々が、発注者も技術力を持たねばということで
 技術士試験に多数挑戦されている。誠に喜ばしいことである。

 その2「口頭試験は成績の良い順番から」
  これは今もたま~に耳にする。
  完全にウソである。
  自分が受験した時、いずれの時も面接は単純に受験番号の早い順番
 であった(専門とする事項が同じ人の中でね)。もしかすると、関東
 地域以外の筆記試験合格者については多少の順番調整があるのかもし
 れないが、単純に交通の便を考慮してのことであろう。

 ま、都市伝説はあくまでも都市伝説。今年筆記試験を受験された方は
こんな伝説は一笑に付して、お盆休み明けからは体験論文の作成を進めて
行きましょう!
スポンサーサイト

テーマ : 資格
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公務員試験合格マニュアル ~シークレットスキル10の裏技~   ヴィッセン公務員予備校校長 松元喜代春

公務員試験のためのシークレットスキルで試験に合格! この手紙はあなたの人生を大...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。