スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難訓練は失敗した方が良い

もうじき1月17日である。

安倍政権において「防災減災対策」が推進されるのは誠に良いことである。

ところで気になる新聞記事があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00000095-san-soci

防災の「大御所」ともいえる大学教授へのインタビュー記事である。
まあ産經は元々サイエンス系の記事はアレなので(笑)、編集の問題だと思いたいのであるが、
「ちょっとそれは違うんじゃね?」と思う所があったのでコメントしたい。

記事中に、「高齢者が500人避難訓練に参加して、ゴールに着いたのは400人だった」との
件があるのだが、これが”実効性に疑問がある訓練”と位置付けられている。

大先生に反論して恐縮ですが、訓練でそのような問題点が把握できた、というのは
むしろ「訓練に意義があった」と解釈するべきであると私は考える。
大切なのは「このような問題があることがわかったので、今後どうすれば良いか」という
対策を講じることではないだろうか?
それを「ケシカラン結果だ!」と非難するだけじゃ、それこそ”無駄な訓練”ではないか?

一般論ではあるが、このように訓練の失敗を否定的に評価すると、役所なんて次の訓練は
”失敗しないように”と考えるもんですよ。で、甘い想定に基づいた訓練になってしまう。

シナリオ通りにうまく行く避難訓練に何の意味があるのだろうか。
悲観的なシナリオに基づき訓練をして、問題点を把握する。そしてそれに対する対策を
講じる”PDCAサイクル”をうまく回して、実際の災害時に避難が成功すれば良いんですよ。

非常に気になったので、エラソーに講釈垂れてしまいました。スンマセン。



スポンサーサイト

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

平成25年度 技術士試験の概要が発表された

 平成25年度の技術士試験の概要が技術士会から発表された。

 http://www.engineer.or.jp/sub02/

 以下、二次試験の建設部門に限定して、正式発表資料を読んでの感想を書きたい。


 その1.必須科目の択一試験対策を怠るなかれ
 「実施大綱」を見ると、試験は
 I.必須科目
 II・選択科目(いわゆる専門知識と応用能力を問う問題)
 III.選択科目(いわゆる課題解決能力を問う問題)
 の3種類の問題が出されると明記されている。

 配点は、上から順に30点、40点、40点である。
 合否基準はまだ発表されていないが、これまでの試験の経緯からすると、
 少なくとも「必須科目と選択科目それぞれで、60%以上の得点」が
 合格圏になるのは確実であろう。IIとIIIがそれぞれ60%なのか、
 IIとIIIを合わせて60%なのかは不明であるが、Iの必須科目すなわち
 従来の建設一般に相当する「択一試験」が60%未満の出来だと、IIと
 IIIの論文の出来に関わらず、合格は出来ないと推測される。

 択一試験というと何となく簡単になる感じがするが、楽になるのは
 採点者だけ(笑)。
 これまでの論文記述であれば、多少数字や法令を曖昧に記憶していても、
 それなりの文章力があれば何とかなったであろう。しかし択一試験であれ
 ば、曖昧な試験官の裁量が入る余地はない。
 今まで以上に必須科目、つまり択一の準備をしておかないと合格できない
 のは確実と考える。


 
 その2.業務経歴票の作成は既に試験のスタートである
 技術的体験論文が廃止になって、経歴票を詳細に記述することになる
 という話は以前からあったが、具体的な様式が正式に公表された。
 5つの業務経歴を記入して、そのうちの1業務について720字以内(図表不可)
 で詳述するようになった。
 この経歴票を「提出直前になって考えたらよい」などと思っていたら、合格は
 まず無理。口頭試験では、この720字以内で書いた業務について主に聞かれる
 のは想像に難くない。「単なる業務概要」みたいなことでお茶を濁していたら、
 口頭試験で質問攻めになるであろう。
 つまりこの「1業務の詳述」は、試験申し込み時に技術的体験論文を1業務に
 関して作成する、ということであり、業務経歴書の作成時点で口頭試験が
 スタートしていると考えないといけない。


 ということで、今回は2点の留意点を述べたが、いずれも根本にあるのは
 「技術士会はいかにして試験にかかるコストをカットするか」ということ
 であり、受験生がラクになるなんてことは微塵も考えていないと肝に銘
 じること。

 脅しではないけど、ほんと準備しておかないと合格はムリだからね。

 

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。