スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の「命がけ」は軽い

 ちょいと時間の余裕が出来たので。

 消費税増税に関して、民主党の党会議では8日間で40時間ほど事前審査して、
27日午後8時から始めた会議が午前2時になった時点で、「言うだけ番長」に
一任にして終わりにしたらしい。

 民主党らしい、甘ちゃんかつ独裁的なやり方やのう。

 首相はその数日前に、「命をかけて」消費税増税法案を成立させると言って
いたよな。
 あんたらの命がけというのは、1日平均5時間ほどの事前審査と、僅か6時間の
会議で話が決まらなかったら、「番長一任」程度かよ。
 
 笑わせるな。
 よくTVでも「徹底的に議論して」とか言っているが、この程度か?
 こんな重大なテーマ2、3日徹夜で議論して、何人か倒れるくらいして「ちょっ
と真面目に」くらいのレベルやろ。

 松下政経塾で「議論ごっこ」のお勉強するより、建設コンサルに丁稚奉公して
みろ。まあ、お前らの根性では3日も持たんやろね。
 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

震災瓦礫について

 書こうか書くまいか、迷ったが震災瓦礫の件について私見を。

 放射性廃棄物の現地処理は当然として、通常の産業廃棄物と
同等とみなせるものは、全国で処理を負担すべきだ。

 一番大きな問題は、何を持って放射性と通常を分けるかという
基準である。
 これまでの基準を根拠も示さず変更したり、3.11当時のクズ首相の
対応等、「政府や役所のいうことは信じられん」というのはよーくわ
かる。しかし、そんなクズ政党を選挙で与党にしたのは国民の総意の
結果やろ。
 リスクゼロなんかあり得ない話だ。事例はないわけではない。チェ
ルノブイリや、アメリカが人体実験のために投下した広島・長崎の原爆
被害者の事後調査もあるやろ。そのあたりも分析して、現行の基準とも
照らし合わせ、例えば「喫煙を30年間続けるリスク」よりも低い放射線
量等、一般生活に密接したことも勘案して、「これは放射性ではない
産廃扱い」ということを決めろ。
 信頼がない中で、それを皆に納得させるのは難しいだろうが、それは
クズ政権が自分で播いた種であるし、選んだ国民の責任でもある。ダメ
なら本当に腹を切るつもりで、死ぬ気で説得してみろ。TVで見る限り、
ほとんど本気度が感じられない。

 で、各自治体も腹をくくれ。今は平時でなく非常時である。このまま
現地で瓦礫処理をしていたら、10年から20年かかる量だ。
 絆とか、軽々しく言う暇があったら、地元の反対住民(実は地元民
ではない、放射脳の奴らが多いらしいが)の説得をあんたらも死ぬ気で
やれ。

 ちなみにわが県、わが市が瓦礫処理を受け入れても、自分は賛成する。

*以上はホットスポットはどうするかとか、個別具体の話ではなく、瓦礫
 処理の総論の話です。個別具体の話はその場に応じてすべきことなので、
 議論を吹っ掛けられても無視しますので悪しからず。




 

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

平成24年度 技術士試験合否決定基準

 技術士会のHPに、平成24年度技術士試験の合否決定基準がUPされていた。


 http://www.engineer.or.jp/c_topics/001/attached/attach_1648_1.pdf

 以下は、第二次試験のことに限定する。
 実は今さら気が付いたんだが、よーく読むと「60%以上得点したら、合格適格者になる」と
書かれているが、「合格とする」とは一言も書かれていない。

 念のため過年度の基準も見直したが、同様の表現であった。

 つまり、試験が60%以上得点できていたら、合格者になる要件は満たすんだが、
最終的に合格者になるかどうかはわかりませんよ、ということか。

 前のブログで「相対評価の要素があるんだろう」と推測したが、この基準を
読めば、「合格率調整するからね」と暗に言うてるやんけ。

 恐るべし、お役所言葉・・・。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

平成23年度 技術士第二次試験合格発表

 昨日5日に、技術士第二次試験の合格発表があった。

 合格された皆様方、本当におめでとうございます。
 また、残念ながら不合格だった方も、何が不足していたのか
分析して、弱点を補強して来年度は雪辱を果たしてください。

 まだ技術士会からの公式発表も限られている中で、建設部門に
限定していくつかコメントしたい。

 まずは部門全体の合格率など。
 申込者18,898名、受験者14,352名、合格者1,798名で、受験者比の合格率は12.5%であった。
 平成22年度は、
 申込者20,425名、受験者15,304名、合格者1,927名で、受験者比の合格率は12.6%であった。
 受験者数は減少したものの、合格率は12%台でほぼ変化なしであった。

 次に各科目の合格率について、平成22年度と23年度の違いを確認したところ、
科目によっては2%程度の差があるものの、科目別合格率にはほとんど変化はなかった。


 以上の内容だけでは統計的な有意性はないが、やはり「技術士試験は完全な絶対評価
ではなく相対評価の要素も相当にある」と言わざるを得ない。

 特に平成23年度は3.11災害があったため、受験生の多くは震災や災害に関する内容を
準備された方が多いと思う。実際に出題された設問を見ても、震災や災害関連のテーマが
かなりあった。
 仮に絶対評価であれば、おそらくは「今回は準備していたテーマが出た」という方も
多いであろうから、合格率は上昇するのが普通ではないだろうか。

 そうならず、合格率がほとんど変わらない(むしろ下がった)のは、例えば上位15%程度を
筆記合格にして、あとは口頭試験で1~2割を不合格にする、という「暗黙のルール」があるの
ではないだろうか・・・。
 上位15%というのは、偏差値で言うと大体60くらいだから「かなり出来ている」部類になる。


 公式発表の合格基準である、60%以上の得点というのは鵜呑みにしない方が良いと考える。
 確実に合格を目指すのであれば、上位10%に入ることである。
 そのためには、日々の業務を通じて専門技術を研鑽すること、業務以外の勉強として建設一
般や専門の周辺技術を知ること、前記2つを試験官に読んでもらえるように論文に仕上げる
文章作成技術を身に付けること、の3点が必要条件と考える。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

墓参り

 今日は柔術道場の休館日で、亡父の月命日だったので墓参りに行った。

 車で30分ほどのところである。
 墓苑入口にある花屋で花を買いつつ、「市営墓地の敷地内にあるんだが、
花屋はどうやって決めているんか?随契やったらボロ儲けやな」などと
いらんことを考えた。

 で、墓まで行って軽く掃除して、花を飾って線香を立てた。

 家内安全と月末の柔術の試合の必勝祈願をしたわけだが(笑)、
なんとも不思議な現象が!
 煙を上げていた線香が、メラメラと炎を上げて燃えだしたのである。
 こらもう、故人の霊や生きている人の守護霊を「降霊」できるという
某宗教団体の総裁も真っ青の現象である!

 ・・・ただ単に、束になっていた線香が一気に燃えただけなんですがね(笑)。

 しかし、試合の前に縁起の良い現象である。「燃える闘魂、炎のファイター」
を連想させるではないか。
 これで試合での勝利を確信した。木村政彦先生が額に金色の「勝」の文字を
思い浮かべたかのようである。



 くだらん妄想はやめて、真面目に稽古しよっと(笑)。

 

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

最初からやらんかい!

 町内で、家の新築工事をしている。

 町内の空き地がなくなり、新しい住民が増えることは歓迎すべき
ことである。
 ところが、この工事をしている業者には頭に来た。

 場所がちょうど交差点の角地になるのだが、工事業者は車を
朝から夕方まで、交差点の所の歩道上に乗り上げて置きっぱなしに
している。他府県ナンバーの車である。

 2日前に車で通りかかった時、そこを老婦人が通行されていて、
歩道上に車があるので車道に降りて通行されているのを目撃し、
無神経な業者にキレた。
 用事を済ませて帰宅後、警察に電話して取り締まりの要請をした。

 そして昨日の朝、また車で現場を通って唖然とした。
 車はなくなっているどころか、2台に増えているではないか。
 しかも2台とも他府県ナンバー。

 怒りを抑えつつ、用事を済ませて帰宅後、再度警察に電話した。
 かなり強い口調で色々と言った。
 「昨日も連絡したんだが、一体どういう指導をしたんだ?」
 「通学路になっているのに事故が起こったら、キチンと指導を
  徹底できなかった警察にも責任が起こるんじゃないのか?」
 「交差点のところに駐車してるんだから、即座に違反切符切れよ」
 「他府県ナンバーの車だが、県警なめられてるんじゃないか?」
で、翌日も同様だったら、ちょっと大変なことになるよ(笑)と
言いつつ警察に厳重取り締まりを依頼した。

 で、本日、工事をしている音がしたので、様子を見に行った(暇人)。
 今日も路駐していたら、「町内自治会のモノ」として直接対峙しよう
と思い、怒りの気持ちを持ちながら、すこーしワクワクしつつ現場へ
行った。

 すると今日は敷地内に車を突っ込んで、道路からはみ出さないよう
にしていた。

 お前らな、出来るんやったら最初からやらんかい!
 棟上げとか、重機を使うときに占有許可を取って道路をふさぐのは
問題ないが、単に「通勤」のための車を路駐するな。

 工事が終了するまで、監視してやるからな。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。