スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

把瑠都バッシング

 大相撲初場所は、把瑠都が幕内で初優勝をした。

 どうも「識者」の方々、一般の方々を含めて、特に12日目の
注文相撲にクレームが多々あるようだ。
 はっきり言って、勝負の厳しさを知らないか、相撲を知らない
皆さんと断言したい。

 12日目の対戦相手は同じ大関の稀勢の里(以下、キセノン)。
 キセノンが突っ込んでいったところを把瑠都が変化して
勝利した。
 ここで大切なのは、把瑠都にとってこの一番は「絶対に負けら
れない勝負」だったことである。
 交渉事や勝負事には、負けてもやむない場合と、絶対に負けら
れない場合がある。今回の局面は明らかに後者であった。反則
をしたのであれば非難されても仕方ないが、ルールを守って
勝ったのである。何が悪いのか?

 キセノンは仕切り線からかなり下がってぶちかましに来て
いるので、あれを受けようと思えば、おそらくカチあげくらいで
あろうが、キセノンも大型力士なのでそれで体を起こせるかどうか
わからない。しかも同じ大関である。
 となれば、「受けずにかわす」のは最善の選択肢ではないだろ
うか?
 あの近距離で、相手の動きを見て咄嗟に判断することは、日々
稽古を積んだレベルの高い力士だからできることである。簡単に
変化できる、なんて思うのはまさにシロートの考えである。
 またキセノンはキセノンで、「この一番で変化したら印象が悪
いから、把瑠都は変化しないはず」と読んで突っ込んでいった可
能性もある。把瑠都が非難されるのであれば、キセノンが前述の
ように考えていたこと(あくまでも仮定だが)も、「相手の弱み
に付け込んだ行為」で非難されるべきである。

 鍛え抜かれた力と技の攻防、とか言うけど、12日目のあの相撲は、
鍛え抜かれた力と技と「智恵」の攻防だったと断言する。
 把瑠都の読みとタイミング勝ち、キセノンは変化について行く
ことができなかった、ということだ。

 あの相撲を非難するのは、プロ野球の日本シリーズの優勝が決まる
局面で、ピッチャーに「鍛え抜かれたストレートだけで勝負しないから
ダメ」と言っているのと同じくらいに恥ずかしいことである。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

同じ黒帯でも・・・

 同じ黒帯でも大きな違いやな。

 愛知県の中高の体育教員は、6日間の講習で柔道の黒帯を
もらえるらしい。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000173-yom-soci
 教師として、「こんなんで黒帯貰ってええんかや?」という
感覚はないのだろうか?


 一方、こちらの黒帯は素晴らしい。
 http://www.dailypilot.com/news/tn-dpt-0114-blackbelt-20120113,0,1768188.story
 御年78歳にして、ブラジリアン柔術の黒帯を取得されている。
 グレイシーバッハ所属の方なので、いわば自分の「先輩」だ。
 自分も約30年後、このようになりたいものである。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

福知山線脱線事故の地裁判決

 2005年の福知山線脱線事故について、神戸地裁でJR西日本の前社長に無罪判決が言い渡された。

 事故に遭われた方や、ご遺族の方は納得がいかない結果であろうが、
刑事裁判として「事故を予見できたか」という観点のみからすると、
妥当な判決であったと考える。

 事故の予見性というのは、技術的な観点で論じる必要がある。
 まずは「設計の妥当性」について。カーブのRを小さくする工事は、
1996年に実施されたということである。この当時の車両の性能を
基準として、「適切な速度」で通過すれば十分な安全性が担保されると
工学的に求められたのであれば、この点で過失は問えないであろう。
運転士が速度超過することとは別問題として捉えなければいけない。

 次に「ATSの導入」について。これに関しても同程度の安全性確保が
求められる場所で、どの程度ATSの導入が行われていたか、という
ことが判断基準になるであろう。
 「ATSがあったら事故は未然に防止できた」という推測と、事故現場に
ATSが設置されていてしかるべきであったか、という議論は別問題である。

 こんなことを書いていると、「お前は血も涙もない奴か」と言われそう
だが、以上はあくまでも技術論である。

 裁判の結果に関わらず、企業トップの責任は当然ながら取らなければ
ならない。それから「日勤教育」というプレッシャーを与えていたこと
についても、本来の教育の目的を逸脱していたものとして、厳しく追及さ
れてしかるべきであると考える。

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。