スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論統制が好きな民主党

 しかし民主党は言論統制がお好きですな。

 「隊員の政治的中立性の確保について」なる事務次官通達
で、自衛隊行事での民間人の政権批判を封じているが、通達
作成の主導権を握っていたのは、当時防衛副大臣だった
安住淳議員だったらしい。
 しかも政務官が「やりすぎでは」と再考を求めたのを振り切
っての事務次官通達である。

 自分の気に入らないことを言うヤツの口を封じる。なんと
「民主的」な党なんでしょう(笑)。
 ちょうにち新聞やペンクラブは「言論の危機だッ!」とか
いって大騒ぎしろよな。

 チョクトの「国債に疎い」発言も、蓮舫センセイが
「そういう誤解を招くような報道の仕方は慎んでいただきたい
(キッ)」みたいな発言をして、あたかも悪意を持った報道が
イカンのだと言っておったようだが、要は大本営の意に沿う
報道をしろって言うことかね。

 サヨクの本性まる出しやね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

子供の直観は鋭いぞ

 昨日は自民党の党大会があったようだ。

 ついでに言うとチョクトはニューオータニの「なだ万」
で昼食だったようだ。昼間っから豪勢やのう。

 それはさておき、党大会の様子がニュースでやっていて、
子供と一緒にぼんやり見ていた。
 谷垣総裁がなにやら威勢よくスピーチしているのを見て、
以下のような会話をした。

子供「なんかこの人、頼りなさそう。」
ワシ「ほう、チョクトとどっちがまし?」
子供「チョクトよりはこのおじさんの方がまし」
ワシ「ほんならこのおじさんが、『俺に命を預けてくれ!』
   と言ったらどうする?」
子供「いや。」

 で、その後で小泉進次郎議員が画面に出た。
子供「あ、この人の方がいい」

 どーですか、皆さん。
 政治を知らない子供でも、直観的に頼りになるかどうか
わかるんですよ。
 チョクト<<<<<<<谷垣総裁<<<進次郎

 ここで平沼先生とか、故・田中角栄なんかが出たらどんな
反応を示しただろうね?

 ・・・重要なことを聞き忘れた。「ほんなら進次郎とワシと
どっちが頼りになりそうか?」と。
 いや、聞かんでよかったかもしれない・・・アウッ!!

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

増量計画

 体重を増やそうと思っている。

 40代半ばのオッサンが体重を増やすなど、一般常識から
するとアホか?と言うところであるが、事情は以下の通りだ。

 今年は柔術の試合に出てみようと思っている。
 柔術の試合は、基本的には年齢・帯色・体重の3つの
組合せでカテゴリーが決まっている。
 このうち年齢は変えようがない。自分の場合は今年から
シニア3というカテゴリーで最年少となる。
 帯色は今のところ青帯で、まあ当分(一生か?)変わらない。

 で、変えられるのは体重だけとなる。
 今の体重は裸で64kgくらいだ。
 この体重が誠に中途半端なのである。

 柔術の体重区分は、柔術着(2kgくらいかな)込みで行われる。
 自分の場合、プルーマ級リミットの64kgとペナ級リミットの70kg
の間になるわけだ。
 つまりプルーマ級でエントリーしたければ、体重を最低でも2kgは
減量しないといけない。多分、酒を飲むのを止めたら減量できるだろ
うが、それでは何のために生きているのか人生の意味がなくなる(笑)。
それに軽い階級だと当然スピードアップが必要なんだが、体重を2kg
ほど減らしたところでスピード感が増すとは思えない(そんなに運動
神経が良くないことは自分でもよ~くわかっている)。
 ほんならいっそのこと、体重を増やして圧力を増したほうがよかろうと
思った次第だ。

 とりあえずは2kgの増量を目指している。
 アルコール量はそのまま、昼飯の量を増やして、おやつの時間の
コーヒーはエスプレッソ風味のプロテインに変更だ。
 で、運動量がそのままだと単に脂肪でデブるだけなので、週2回の
筋トレはセット数を増やして、柔術の練習もガッチリやって筋肉で
2kg増量してやる。

 ストイックな減量よりも、自分の性格には向いているな。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

焼豚玉子飯

 昼飯を買いに近所のコンビニへ行ってきた。

 何にしようかなと物色していたら、「今治のソウルフード」
と銘打って「焼豚玉子飯」なるものが売っていた。

 幼少時、今治で育ったんだが知りませんけど。
 メシの上に焼豚(というか煮豚)と目玉焼きがのっている
いかにもB級の佇まいだ。今日の昼飯はこいつに決定!

 ネットでググったら、結構今治名物として売り出しているらしい。
 自分が住んでいたころは、鶏卵饅頭が名物だったはず。
 なんでも40年くらい前に、中華料理屋の賄い食だったものを商品と
してお客に出したのが始まりとのことだ。

 ちょうどその時期に今治に住んでいたんだが、なんせ親父は造船景気
で超多忙のため休みもなく働いていて、あまり一緒に外出できなかった
し(それでも時々釣りに連れて行ってくれたり、野球の相手をしてくれた)、
それに家自体が外食をする習慣がなかったこともあり、口にしたことが
なかったのだ。

 で、食べた感想だが、これで498円は高いな。
 決定的なのが玉子だ。まあコンビニ弁当なんでしょうがないのだが、
こういうメシに乗っける玉子というのは白身は半熟状態、黄身はトロトロ
の熱々状態じゃないとイカンでしょう。

 ということで、今度は煮豚だけスーパーで買って、目玉焼きは自分で
作ってもっとうまい焼豚玉子飯を作ってやろうと思う。

続きを読む

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

上町断層の地下探査

 面白い記事が今朝の産経新聞に載っていた。

  http://sankei.jp.msn.com/life/trend/110116/trd1101160015000-n1.htm

 大阪の中心部にある上町断層について、自動車の振動や潮汐を震源として
地下探査を行う方法を大阪市立大学が進めているそうだ。

 自分は学生の頃地球物理を専攻していたので、非常に興味を持った。
 まず地震を知るには、その震源になっている断層を詳細に調べる事が
大切だ。実際にボーリングとかで調べられる範囲は限られるので、広域
な物理探査が有用である。

 いわゆる人工地震による地下探査なんだが、新聞記事にもあるように
従来は車の振動などの「ノイズ」を避けてダイナマイトとか起振機を震源
にして探査を行っていた。
 今回の手法はその「ノイズ」を震源として利用してやろうと言うものだ。

 なるほど、確かに高感度地震計とGPSを利用したらノイズ発生源は
わかるから、震源として利用可能だ。すばらしいアイディアやね。

 さらに感心したのが、原口准教授のコメントだ。「地元大学の責務として
断層解明をしたい」とおっしゃっている。
 どこの世界でも「閥」があるもので、大変ざっくりと言うか乱暴に
言うと、和歌山を除く関西地方の地震研究は京都大学の「シマ」である。
 京大と市大では研究費も雲泥の差であろう。
 その中で、地元の為に研究をしようという原口准教授と研究室の心意気に
拍手を送りたい。

続きを読む

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

梶原一騎先生 その2

 前回の記事に、saykiyoさんから熱いメッセージをいただいた(いつもありがとうございます!)。

 ということで、梶原先生の作品の魅力について、もう少し語りたい。

 テーマは「不条理」と「混沌」としておこう。


 まずは不条理について。
 梶原先生の作品には、数々の不条理が提示されている。
 偽善的な道徳では「ないもの」とされるが、実は世間にあふれている
不条理を剥き出しに表現しているのだ。

 例えば「巨人の星」で、こんな場面があった。
 飛雄馬が、星雲高校を受験した。この高校はいわゆる「お金持ち」
が行く学校だ。
 受験の面接時、父の職業を聞かれた飛雄馬は「俺の父ちゃんは日本一の
日雇い人夫だ!」と叫ぶ(←人夫って、変換されないんだよね。規制用語
なんだろな)。
 それを聞いた面接官たちは、バカにした笑いを飛雄馬に浴びせかける。

 なんともえげつないシーンだ。しかし梶原先生は「世の中にはこういう
ことがあるんだ!」ということを子供たちに教えてくれたのだ。

 で、結果的に星雲高校に入学できたのであるが、なんで入学できたんだろう?
 ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。


 次に混沌について。
 梶原先生の作品では、どこまでが事実でどこからがフィクションなのか
わからないことが多い。
 木下是雄先生は名著「理科系の作文技術」で、「事実と意見は明確に区分しなさい」
と書かれているが、梶原先生の作品は違う。

 例えば「ジャイアント台風」を例にしよう。
 ジャイアント馬場は、アメリカに単身修行に行った。これは事実である。
 ニューヨークからテキサスに移動したのも事実であるが、テキサスに行って
最初に酒場に立ち寄った。そこでフリッツフォンエリックやブルカーリーら
実在のレスラーと顔を合わせて乱闘になったようなストーリーなのだが、
エリックはプロモーターとして馬場を呼んだのであろうから、いきなり
酒場で乱闘なんていうのは梶原先生の創作であろう。

 かように虚実ないまぜになったストーリーで梶原先生は、「世の中は
一筋縄では行かないんだ」ということを全国の小僧たちに教えてくれたのだ。

 まさに不世出の劇作家である。


 

テーマ : 懐かしアニメ
ジャンル : アニメ・コミック

梶原一騎先生

 なにやら全国で伊達直人さんが、児童施設に寄付をしているようだ。

 先ほどのニュースでは、矢吹丈さんも出てきたようだ。

 いずれも共通するのは、漫画の原作者が梶原一騎先生であることやね。
 梶原先生の破天荒な人生は、「梶原一騎伝」に詳しいが、自分は子供
の頃タイガーマスクや空手バカ一代など、梶原先生原作の漫画を読んだり
TVで観たりして育った。
 「人生で必要なことは全て梶原先生の作品から学んだ」と言うと言い
過ぎか(笑)。

 いや、しかしね本当に梶原先生の作品は、人格形成に影響を与えているよ。
 例えばタイガーマスク。
 単なるプロレス漫画じゃないんだよね。

 タイガーは正統派レスラーに目覚めたのに、日本プロレスのワールドリーグ
戦を欠場して、虎の穴主催の反則御免の「ふくめんワールドリーグ戦」に出場
した。
 ファンはもちろん、レスラー仲間も賞金に目が眩んだかと見捨てる。ちなみに
賞金は10万ドル(当時のレートで3,600万円)。
 タイガーは目が見えない少女の手術費用を得るために「ふくめん・・・」に
出場したのであるが、そのことは誰にも言わない。
 当然、客はカネに目が眩んだと思いタイガーに罵声を浴びせるが、タイガー
は戦い続ける。

 で、リーグ戦も終盤になって謎の巨人覆面レスラー「グレートゼブラ」がタイ
ガーとタッグを組まないかと持ちかける。タイガーは断るが、虎の穴のミスター
Xは、決勝戦をタイガー&ゼブラVSライオンマン&エジプトミイラのタッグ
マッチにした。
 タイガーは最初はゼブラを信用せず一人で戦っていたが、ゼブラが味方である
ことを悟り、無事勝利して賞金を得た。

 実はゼブラの正体は、日本プロレスの先輩であるジャイアント馬場であった。
 馬場曰く、金欲しさだけでそこまで地獄の戦いをできるものではない。ちょっ
と調べたらキミが盲目の少女の手術費用を手に入れるために「ふくめん・・・」
に出場した事がわかったのだよ・・・。

 ・・・ううっ、どーですか!このタイガーの優しさとジャイアント馬場の
義侠心!偽善的な道徳の本よりよほど心に響きますぜ。

 首相の直人(チョクト)氏は、全国の直人(なおと)さんの爪の垢でも煎じて
飲んではいかがであろうか。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

藤波VS長州

 今日、約14年ぶりになる藤波VS長州の一騎打ちがあったようだ。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110110-00000024-spnavi-fight
 結果はさておき、両者の試合を子供の頃から観ている者としては、
プロの興行としてこれだけ話題を集める両選手には敬意を表したい。

 藤波選手は日本のプロレス界でジュニアヘビーのカテゴリーを
切り開いたパイオニアであろう。
 自分が中学生の頃、WWWFのジュニアヘビー王者になった藤波選手は
見事な肉体美であった。また技もフルネルソンからスープレックスを
決めるドラゴンスープレックスとか、場外の相手にロープの間から飛
び込んでアタックするドラゴンロケット、さらにはロープに振らず
相対した相手に垂直に飛び上がって放つドロップキックなど、初代
タイガーマスク以前に「ジュニアヘビーのカテゴリー」を築いたレスラー
であることは間違いないであろう。
 その後、腰を痛めてドラゴンスクリューとかドラゴンスリーパー
などの決め技に移行したが、やはりインパクトの大きさは初期の
ドラゴン藤波である。

 一方の長州選手は、アマレスでオリンピック出場したアスリートだ。
 デビュー時は吉田光雄というリングネームだったが、視聴者募集で
長州力というリングネームになった。
 まあガチンコでは強かったんだろうが(いや、今も強いか)、フィ
ニッシュホールドがさそり固めという、逆エビ固めの変形技で、正直
言って藤波選手の派手さには劣っていた。

 で、誰がどうプロデュースしたか知らないが、長州が藤波に対して
「噛ませ犬発言」したところから両者の「名勝負数え歌」が始まった
わけだ。

 その後、新日のウリになった両者の対戦であるが、今でも後楽園
ホールを満員にできる集客力は素晴しい。
 二人とも(特に長州は)、身体の張りもあるし、中高年の星として
活躍して欲しい。

 あ~、久しぶりにプロレス観に行きたくなった。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

これは催眠商法だッ!

 今日の朝刊に、自然食品の店がオープンとの広告が入っていた。

 最寄駅の近くで、前にスーパーが入っていたところやな、と
地図を見て気がついた。

 まず広告の表面にドカンと「オープン記念!!先着300名様に
安心安全!!ふんわり ふっくら手づくり3斤ソフトパンプレゼ
ント!」と書いてある。この時点で怪しいニオイが・・・。

 で、広告の中をよく見るとこういう商品が並んでいる。
 ・極つゆ メーカー希望小売価格1,029円を100円
 ・お母さんのこだわり卵 3パックメーカー希望小売価格
  945円を100円
 うむうむ、これもよくあるパターンやね(笑)。

 その他、食品関連の中に風変わりな広告が・・・。
 ・水素水生成器 268,000円
 ・○○○ペンダントヘッド 472,500円

 そして極め付け。「当店は(中略)オープン日より約3ヶ月間を
予定して営業します」だって。

 おいおい、このパターン、典型的な催眠商法の手口やんけ。
 会社名が書かれていたのでググってみたら、案の定、その筋では
有名な会社だったよ。

 ちょっとICレコーダーでも忍ばせて、店をのぞきに行ってみよう
かのう・・・。

テーマ : やばいよやばいよー
ジャンル :

おせち料理と危機管理

 年明けに技術士の総監口頭試験を受ける方にはタイムリーなニュースであろうか?

 共同購入すると、おせちが半額になるという話だったのが、届いてみたら
中身はスカスカ、しかも腐っているんじゃないかというニュースが出た。

 総監的な見方をすると、利益を追求するあまり情報・人的資源・安全管理
に不備があったと言うところであろう。

 まず情報管理だが、21,000円のおせちを10,500円にしたらどれくらいの
申込があるのか、そのあたりの情報管理以前の戦略ができていない。それから
注文がどんどん入ってきて、現場と受付との情報のやりとりはできていたのか?
 次の人的資源にも関連するんだが、「こんだけ注文来たらまずいんじゃね
ーの?」という意識が全く感じられない。

 次に人的資源管理だ。そもそも当初値段を半額にしたらどれ位注文が来るのか、
フィージビリティスタディをしていなかったのかね?人員の配置・材料の仕入れ
等をいつからどれくらい行うのか、予想するのが普通だろ。
 ネットにファイルをアップして、ダウンロードしてもらう商売じゃなし、「現物」
を扱う商売でこの感覚は信じられないですな。

 最後に安全管理。生物の食品なんだから、「クール便」で配送するのが常識だろ。
 それが無理なら真空パックをするとか、工夫はあるだろうが。

 それとリスクマネジメントの面からも、社長の発言はレベル低すぎだ。「写真の
状態は最も良くない状態なのでは」みたいな発言しているが、もうね、アレがお宅の
商品のスタンダードだと、皆さん認識してしまうんですよ。その程度のこともわか
らずにネットで食品を扱うとはどういう神経をしているんですかね?

 責任とって社長さんは辞任するみたいだけど、それでは済まないだろうね。
 自分が購入者だったら社長を家まで呼びつけて、「ヲイ、これがオタクの商品や。
スッパイ匂いのする肉を喰って行けや!」と言って、5年位前に製造された発泡酒の
一本でも振舞うやろね。

 

テーマ : 資格
ジャンル : ビジネス

謹賀新年ッ!!

 明けましておめでとうございます。

 今年も独断と偏見に満ちたブログを続けたいと思います。
 容赦なくツッコミをお願いいたします。コメントにも容赦
なくツッコミ返すけどね(笑)。

 しかし年末の「ダイナマイト」は番組自体しょっぱかったね。
 なんですか、あの編集の仕方は?10周年ということだし、これ
を期に地上波放送は打ち切ったほうがええんでないの?
 試合もなんか、寝技で極めきれないのが多かったし。柔術青帯
の初心者がエラソーに言うのもなんですが、テイクダウンから
極めに行くまでの「理詰めの流れ」が見えなかったんですよね。
倒した後、ポジショニングを考えて技を仕掛けて、これで極めきれ
なかったら次はこれ、というようなのがなくて、とにかくそこに
ある手や首を狙うというか・・・。
 最低だったのは青木の試合やね。1Rはドロップキックやら
「かけ逃げ」で時間を稼いで、2Rの総合ルールになったら
いきなり強引なタックルにいってヒザをあわされてKO。相手が
立ち技の選手だからって、いくらなんでもあのタックルはないで
しょ。ちっとは打撃で上に意識を持たせてから下を狙わんと、
あれじゃ「ヒザ蹴りください」と言っているようなもんだったね。

 おっと、ダイナマイトの批判が多くなってしまった。

 年始ですので、今年の抱負を簡単に。

 1.仕事に正面から真剣に取り組む
   基本中の基本。説明不要ですね。

 2.両親の生活をフォローする
   すぐ近くに両親が引っ越してきたので、出来る限りの
   フォローをしたい。

 3.充実した柔術ライフを送る
   別に「じゅうじつ」と「じゅうじゅつ」のダジャレではない。
   既に生活の一部となっている柔術に対して、更にしっかりと
   取り組みたい。楽しみの幅を広げるために、試合にも出てみ
   ようかなと思っている。

 4.子供の成長を見守る
   もうね、何が一番の楽しみかって子供の成長ですよ(←100%
   親バカ)。将来、我が国のお役に立てる人間になれるように
   知育・体力・思想(笑)など、あらゆる面で厳しく成長を見守
   りたい。・・・といいつつ、正月からドンジャラで遊んでいま
   すがね(笑)。

 それでは今年も宜しくお願いいたします。

テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。