スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土木学会認定技術者(コースB)

 契約している某社より、プロポーザル資料作成のアドバイスを欲しいと連絡があった。

 それでは関連資料をお送りください、と返事をして受取った資料を見て驚いたことが
あった。プロポーザル評価基準のひとつである管理技術者の点数のうち、資格要件が
技術士=土木学会認定技術者>RCCMとなっているのである。技術士は文部科学省
が所轄の国家資格、土木学会認定技術者は土木学会が独自に設けた資格、RCCM
は建設コンサルタント協会が認定する資格である。

 はっきり言って、技術士=土木学会認定技術者には驚いた。土木学会認定技術者
(上級と一級)にはコースAとコースBという試験区分があって、コースAというのは
筆記試験と口頭試験が課されるのだが、コースBは口頭試験のみである。で、コースBを
受験するためには、「土木学会特別上級技術者資格または土木学会上級技術者資格の認定
者の推薦が必要です。」という要件が定められている。つまり、誤解を恐れずに言えば、
コースBというのは、上記認定者がいる大規模会社がOBさんあるいは技術士やRCCM
に合格できない社員に面接だけでなにがしかの資格を取らせよう、という制度になっている
のではないだろうか。
 コースB受験者の合格率がどの程度かわからないが、推薦を受けている限りは、よほど
酷い受け答えをしない限り合格できるはずだ。

 技術士試験は一次試験(技術士補)合格、あるいはJABEE過程を経た者しか受験
できなくなった。いまさら一次試験の大学の専門レベルの勉強をするのが苦痛(無理)
な人間を、なんとか救済しようというのがコースBのような気がしてならない。

 まあこの業界は学・官・産の見事なピラミッド構造ができているわけで、産の集まりである
建設コンサルタント協会(RCCM)が、学~産を含めた土木学会(土木学会認定技術者)
よりも下位に位置付けられるのは、悲しいかな現実を表している。

 しかしながら、試験に合格するために日常業務の合間に勉強をして筆記・口頭試験を
クリアしなければならない国家資格でかつ技術士法という法律で規定されている(罰則規定
もある)技術士と、単なる一学会が認定している土木学会認定技術者(特にコースB)が
同格というのは納得がいかない。これまた誤解を恐れずに言えば、必死に努力した者と、
楽して資格を手に入れた者が同格に扱われるのは理不尽である。
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

技術士試験まであとわずか

 いよいよ技術士筆記試験まであと2日となった。

 多忙な業務の中、試験準備をするのは大変なことである。明日は休暇を取得して、最後の追い込みをする方もいるのではないだろうか。

 とにかく最後まであきらめず試験に挑んでいただきたい。自分も総合技術監理部門を受験した時、直前に読んだ「青本」の内容がそのまま択一問題に出て、ラッキーな思いをしたことがある。

 努力したからといって、全てが叶うわけではないが、努力をしなければ何事も達成できない。受験される皆さんの頑張りを心より応援する。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

砂防事業のPR

 このたびの「平成21 年7月中国・九州北部豪雨」では、多数の被害が生じた。被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 多数の被害が出た一方で、砂防施設が効果を発揮したために、下流での被害を低減させた事例もある。このような事例がある。

 公共事業で施工した施設が被害を軽減したわけで、このような投資は今後も怠ってはならない。ここ数年は、上記のようなPRが行われるようになってきたが、もっと大々的に行ってもよい。今度の選挙で民主党が与党になったら公共事業を削減するだろうから、ボヤボヤしていると本当に必要な公共事業までカットされる恐れがある。それを防ぐためにも、PRすべきはPRして、国民に「これは必要だ!」と理解してもらうことが必要だ。

 更に言うと、このような施設の調査・計画・設計・測量・施工した会社を表彰するとか、何らかのインセンティブを与えることも必要だろう。若手技術者が土木業界を離れていく中で、「オレの設計した施設が人命を守った!」というような意識を持てる仕組みづくりが必要であると考える。

テーマ : 建設・土木・測量関係
ジャンル : ビジネス

技術士試験「自分の考えをPRしましょう」

 本日のテーマは、「自分の考えをPRしましょう」である。

 「○○について、あなたの意見を述べよ」という設問がよくある。技術屋というのは得てして「縁の下の力持ち」的な振る舞いをしがちだが、こと技術士試験でこのような設問があった場合には、堂々と自分の意見を開陳しなければならない。

 かく言う自分はかつて、「河川の整備に住民の意見を反映させるべし。ただしそれ相応の責任も取ってもらう。護岸整備をしないという選択肢を選ぶのならば、相応の被害は甘受してもらう。」というような主張を技術士試験で記述した。まだ「住民参加」の試みが始まるかどうかという時期だったが、「プロ市民」といわれる何でもハンタイする方々を排除すべし、との考えがあったのである。「オレの考えがわからんようでは採点者のレベルが低い!」というくらいの意気を持っていたと思う。結果は無事合格した。

 あなたの意見を述べよ、という問いに対しては、「○○について、私は××と考える」という感じで、堂々と自分の意見をぶつけて欲しい。くれぐれも、「総合的に検討して云々・・・」というような国会答弁みたいに中身のないことを書かないよう、心がけていただきたい。ただし、あくまでも論理的に、である。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

技術士試験「採点項目を確認しましょう」

 前回は「問題をよく読みましょう」という話であった。

 今回のテーマは、「採点項目を確認しましょう」である。
 ビーフカレーをくれという要求に対してビーフカレーを出すのは当然として、出題者(お客さん)は「何を」見るのかを確認しておく必要がある。
 平成21年度技術士第二次試験実施大綱によると、例えば総合技術監理部門以外の技術部門における必須科目については、当該技術部門全般にわたる論理的考察力課題解決能力を問う、と記載されている。
 つまり、どれだけ出来栄えが良く見えようとも、論理的な考察ができていない、あるいは課題の解決策に説得力がなければ合格圏には達しないということである。

 簡単に言うと、論理的な考察とは、「結論を導き出すまでの道筋が論理的に示されていること」であり、課題解決能力とは、「現実性のある課題の解決策が提示されていること」が必要である。

 奇をてらった提案は不要で、現状分析→問題点の把握→問題点を解決するための課題の提示→課題に対する具体的かつ現実的な解決方法の提案  ができればよいのである。解決策だけがズラズラと提示されていても、論理的考察力を知ることはできない。また、とんでもないコストがかかる解決策を提案しても、実現できないようでは意味がないのである。
 

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

技術士試験「問題をよく読んで解答しましょう」

 技術士筆記試験まで、あと1週間である。
 サラリーマン時代から技術士試験に携わってきたが、自分が重要だと思うことを2・3点述べたい。

 まずは「問題をよく読み、設問に対して忠実に解答すること」が重要である。
 問題で3つの観点から述べよと書いているのに2つしか書いていないとか、社会資本整備について述べよと書いてあるのに学校で人材教育をすべしという解答とか、課題と解決策を述べよと書いてあるのに解決策しか書いていないとか、これらは全てアウトと思って欲しい。

 内容はさておき、出題者(お客さん)が望んでいるものをまずは出さないと話にならない。ビーフカレーをくれといっているお客さんにチキンカレーやビーフシチュー、ハヤシライスを出しても意味がないのである。

 この対策としては、文章を書き出す前にまず目次(章立て)を考えて、出題者の聞いていることが目次の中にすべて含まれるようにすればよいのである。まずはここに時間を費やそう。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

白鵬×琴欧洲

 昨日の13日目、優勝を握る取組の白鵬×琴欧洲は見ごたえのある一番だった。

 立ち合いで白鵬は右からカチアゲ、自分は左上手をとり、相手の上手は取らせなかった。ここで勝負は決まった感があった。琴欧洲は左からおっつけて攻めるものの、右四つで腰を落とした白鵬には効果がない。

 琴欧洲が前に出ようとした瞬間に、白鵬が体を開きつつ上手投げを打ち、勝負をつけた。見事なタイミングの投げだった。ああいう動きは稽古で身に染み付いていないとなかなかできないであろう。

 突き押し相撲も良いのだが、均整の取れた大型力士同士が四つに組んで、前さばきの応酬を見せながら勝負をつけるのは見ていて面白い。これぞ大相撲という感じである。

 さて、本日は柔術の練習に行くつもりであったが、昨日より腹の調子が少々悪いので休むことにした。TV桟敷で今日優勝が決まるかもしれない相撲を観戦することにしよう。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

税理士からのアドバイス

 先日、帳簿の記帳指導ということで、税理士さんが拙宅を訪れた。

 個人事業の開業届を税務署に提出したら、年に4回無料で税理士の指導を受けることができる制度で、経理知識が皆無に等しい自分にとっては大変ありがたいことである。

 一番のポイントは、「事業のお金とプライベートなお金を明確に区分すること」らしい。そのために、事業のお金の出入りは一つの口座で管理して、通帳=出納帳になっていると理想的とのことだった。こうやってキッチリとお金の管理ができていれば、税務署の監査が入った場合でも良い印象を与え、イジワルな細かい調査を受ける可能性も低くなるともアドバイスいただいた。なかなか「目からウロコ」な話で、その日のうちに銀行口座を開設してきた。

 とにかく非常にわかりやすく話をしてくださる税理士さんで、技術士もクライアントに対してこれくらい上手に話をできれば、と感心した次第である。

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

元大関の出島引退

 日食のことを書こうかとも思ったが、相撲ヲタとしては出島の引退について書くことにした。
 立ち合いの頭からのぶちかまし、そこから一気の寄り・押しは一級品だった。千代大海との取り組みなんかは、両者ともに頭からぶちかまして、衝撃音がTVでも聞こえたほどだ。
 勝利した時の決まり手をみると、寄り切りと押し出しが8割以上で、前に出る取り口に徹底していたことがわかる。
 ほぼ十両陥落が確定した星で、元大関としてはここが潮時ということだろう(ちなみに元大関で十両陥落しても土俵に上がったのは大受だけだと記憶している。子供の頃、ファンだったのだ。)。
 今後は部屋付になるのか独立するのかわからないが、気風の良い相撲を取る弟子を育成して欲しい。長い間、お疲れ様でした。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

山口県での土石流災害

 山口県で土石流災害が発生した。
 被災された方々にはお見舞い申し上げます。

 被害を受けた特養ホーム周辺の航空写真と地形図を見た。建物の裏手には明瞭な谷地形が確認できる。県では砂防施設を整備するための調査を開始した矢先の災害だったようである。

 雨が降ったら早目の避難と言われるが、寝たきりになっている方を雨中に避難させるのは難しいだろう。また、避難先で介護用のベッドを置くスペースはあるのだろうか。非現実的である。

 やはり災害時要援護者施設は、建築制限を厳しくして、洪水や土砂移動現象が起こっても安全な、避難をする必要が無い場所に建てるべきであろう。
 

テーマ : 建設・土木・測量関係
ジャンル : ビジネス

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。