スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成27年度 技術士第二次試験(筆記試験) その1

 今年度の技術士筆記試験が実施されて、1ヶ月を過ぎました。

 建設部門の「河川、砂防及び海岸・海洋」科目に限定して、思う所を書いていきます。
 気が向けば、数回の連載になると思います(笑)。

 まず、設問全般の総論です。
 昨年度よりもかなり難化したという印象を受けました。

 専門知識及び応用能力を問う設問のうち、1枚論文に関してはかなり細かい知識が問われる
ものが多いと感じました。指針や要領の概要を知っている、というレベルでは十分な記述は難しい
と思います。1枚論文は4題の中から2題を選択して答えるのですが、2テーマともにバッチリ書き
切ったという人は少ないと推測します。

 次に2枚論文です。もともと2枚論文のハードルは高いと私は感じているのですが、今年度も
難問だったと思います。防災情報の設問は、「情報作成・提供時」に限定した内容なので、実務で
経験がないと焦点を絞った記述は難しかったと思います。
 災害復旧事業の設問は、河川・砂防・海岸全般に関する内容と、設計・施工・施工後の管理に
関する内容が問われていました。「広く、しかし浅くはない」知識が必要ですから、これまた難問です。

 課題解決の3枚論文については、概ね昨年度の流れを踏襲していたかと思います。
 ただし水災害対策の設問では、「施設の安全性や機能の確保上の課題」や「現行の制度上の課題
と技術的課題」というように課題として取り上げるべき事項の方向性が限定的に要求されているので、
不足なく記述するのは容易ではないと思います。
 維持管理の設問は、単なる維持管理ではなくて「PDCAサイクルの視点」という要求事項があり、
かつ「調査・点検」、「計画・設計・施工」の2段階に関する記述が求められているので、こちらも
不足なく記述するのは容易ではないと思います。

 とりあえず、設問全般の感想は以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

スマホとガラケーの二台持ち

ほぼ10ヶ月ぶりの更新でしょうか(笑)。

さて、タイトルの通り、スマホとガラケーの二台持ちをすることにしました。
今まではドコモのスマホを利用していたのを、ドコモのガラケー+MVNOのスマホという
パターンに変更です。

元々、電話のやり取りで「言った言わない」的なトラブルを避けたいので、仕事関係で
連絡をするときは原則メールを使っています。
こちらから電話するのは、家族間通話で無料になる相手がほとんどなので、定額内の
通話分は毎月繰り越しの状態です。
ということで、家族間通話が無料になるメリットは享受しようという事で、ガラケーを
持つことにしました。

スマホの通信機能の利用については、メールやスケジュールチェックがほとんどで、
動画を観たりはしませんから、毎月のパケット量は大したことはありません。
また、自宅にいるときは無線LANに接続しておけばOKです。
新しいスマホは、データ通信だけの契約です。

今回の変更で、通信費を相当縮減できました。
毎月1回、飲みに行けるくらいですね(笑)。
これは大きいです。

テーマ : 携帯節約
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロ柔術MATSURI

本日は日曜日なので、仕事関係の話はお休みです。

道場の仲間が出場する、プロ柔術MATSURIの観戦に行ってきます。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

問いに対して漏れなく答える(技術士論文):その2

はい、無事に「その2」に到達しました(笑)。

設問を再掲します。

河道閉塞(天然ダムの形成)、火山噴火による降灰、地すべりの活動のいずれか1つを選び、これに起因する更なる被害を防止・軽減するためのソフト、ハードそれぞれの対策について述べよ。


まずは、どのような章立てにするかです。

この設問では、「3つのうちから1つを選んで、ソフトとハード対策について述べなさい」ということが問われています。
いきなりソフトとハード対策について書いても構わないのですが、断片的ではなく系統的な知識を持っていることをPRするためには、「選択した現象に起因する更なる被害の形態の特徴」を簡単に述べて、「こういう特徴があるから、こういうソフトとハード対策が必要です」という流れにするのが良いですね。

ここでは「火山噴火による降灰」をチョイスします。私の得意分野です(笑)。
そうすると、章立てとしては以下のような感じになります。

1.火山噴火による降灰に起因する更なる被害の形態
2.被害を防止・軽減するための対策
 2.1ソフト対策
 2.2ハード対策

章と節のタイトルは、設問の文言を可能な限り取り入れます。そうすることで「答え漏れ」を防止することが出来ます。

それから細かいことですが、2章は先にソフト、2つ目にハードという構成にしました。これは設問で「ソフト、ハードそれぞれの」とソフトが先に来ているからです。順番が設問と違っていても内容があっていればそれで良い、と考える人もいるでしょうが、読み手(採点者)の頭の中は「ソフト→ハード」の流れのはずです。大多数の人が「ソフト→ハード」の順番で書いているのに、あなたの答案が「ハード→ソフト」の順番だと読み手のリズムは崩れるかもしれません。イラッとしたら粗探しをしたくなるものです。それはあなたにとってマイナス要因ですね。

その3では、記述すべき内容について書きたいと思います。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

問いに対して漏れなく答える(技術士論文):その1

なんか忙しいですね(笑)。
試合が近いのに柔術の練習に行けていません。マズイです。

それはさておき、タイトルの件です。
添削をしていると、問われていること全てに答えていない論文を結構見かけます。
最近の技術士試験の設問は、要求事項(つまり出題者がこれについて書きなさい、と言っていること)が非常に多くなっています。出題者が聞いていることに答えていない論文は、どれだけハイレベルでも合格圏には到達しません。

それではどうすれば問いに対して漏れなく答えることが出来るか。
「設問をよく読んで、設問に沿って章立てを考える」のが基本中の基本です。

とりあえず1枚論文の設問を題材にしてみましょうか。1枚論文の設問でキチンと章立てが出来ないようでは、2枚・3枚論文でしっかりした章立てをするのは無理ですからね。
平成26年度の河川砂防の設問です。

河道閉塞(天然ダムの形成)、火山噴火による降灰、地すべりの活動のいずれか1つを選び、これに起因する更なる被害を防止・軽減するためのソフト、ハードそれぞれの対策について述べよ。

・・・ちょっと長くなったので、具体的な内容は次回にします(笑)。
それまでに各位にて、この設問を600字でまとめるための章立て(と骨子)を考えてみてください。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

プロフィール

スパイダーガード

Author:スパイダーガード
技術士(総合技術監理、建設、応用理学部門)
ブラジリアン柔術(紫帯)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
広告
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。